• ホーム
  • アレルギー検査キットの使い方と検査項目について

アレルギー検査キットの使い方と検査項目について

アレルギーは体内に入った物質を異物と判断して排除するために体外に排出するために抗体が活動することで起こる反応です。
くしゃみや鼻水、気道の狭窄などが発生する恐れがあります。
そのような症状は特定のアレルゲンでしか発生しません。
その対象となるアレルゲンのみを摂取しなければアレルギー反応が起こることはありません。
その対応を行うためにはアレルゲンを特定しておく必要があります。
そこで重要なのがアレルギー検査キットです。

アレルギーの恐れがあると医療機関で診断されると確認のため検査が行われます。
もし皮膚に触れることで反応するようなアレルゲンの場合はパッチテストと言ってアレルゲンを皮膚に貼って、発赤や発疹の状態によって判別するものです。
この方法は症状の確認が必要となるため医師の判断が必要です。
もう一つの検査が血液検査です。
血液に含まれるタンパク質の抗体によって確認するので精度が高くなります。
血液検査については医療機関でも自宅でもアレルギー検査キットがあれば行うことができます。
使い方は簡単で微量の採血を行なうだけです。
採血も技術が必要となるものではなく、針で刺した指先などから検査に使われる血液を採血管に採取するというものです。

アレルギーへの該当性の分析自体は、専門の機関が行います。
アレルゲンには皮膚に接触することで起こるものと食事として取り入れた時に起こるものがあります。
検査項目としては花粉や食物、ハウスダスト、生ゴム、蛾などの虫などがあります。
検査は基本的に全てにおいて同じようにアレルゲン候補の物質と血液を合わせることで発生する抗体の反応を確認します。
反応が顕著に出たものに対するアレルギー反応が強いということになります。
そのようなものに触れない、または食べないとうことが重要です。
アレルギーで最も注意しなければならないことが、何に対して反応が出るかを知らないことです。
安心して生活するためには一度はやっておいた方が良い検査ということになります。

アレルギー検査キットは通販でも購入できる

アレルギーの検査は保険が適用される場合と保険がきかない場合があります。
基本的には確認のために行われる検査が対象となります。
つまり、アレルギーの症状が出ていて、何がアレルゲンかを確認する時には保険が適用されるというものです。
そのため、特に症状が出ていない時には自由診療となり全額自己負担です。

最近ではアレルギーの検査キットは通販で購入することができます。
キットの中には微量採血管が入っています。
使い方は簡単で生活に支障とならない指先などから3から4滴ほどの血液を採取します。
その血液を所定の分析センターに送ることで分析をしてもらうことができます。
1週間から10日程度で検査結果が返ってきます。
検査の結果は、医療機関で行われる検査と同じ内容なので安心して受けることができます。

アレルギーの症状が出ていない限り医療機関に行っても自由診療になるので、通販で購入して個人で実施しても変わりありません。
移動にかかる費用を考えたら少しお得になるかもしれません。
購入時には自分の調べたいアレルギーの検査項目を含むものを選びます。
食物アレルギーに特化したものや数十種類にも及ぶ検査項目が確認できるようなキットも販売されています。
検査項目の多さはそのまま値段に影響してきます。
数項目に限定されたキットであれば安価で入手することができます。
気になっているアレルゲンがあるようならそれだけを確認する方が簡単で安く済ませることができます。
特に症状があるわけではなく広く確認したいと言うことであればその分費用がかかることになります。
返ってきた検査結果を見ると各項目ごとにアレルギー反応の度合いが表示されているので割合の高いものを注意する必要があります。