• ホーム
  • 市販薬ともなった安心安全のジルテックという薬

市販薬ともなった安心安全のジルテックという薬

ジルテックは抗ヒスタミン薬の一種で、セチリジン塩酸塩という成分を含有しています。
セチリジン塩酸塩には、過剰に分泌されるヒスタミンをブロックする働きがあります。
その働きにより、くしゃみや鼻水、鼻づまりといった鼻炎の症状を緩和することができます。

また、じんましんや皮膚炎、アトピー性皮膚炎といった皮膚疾患のかゆみを抑える目的で用いられることもあります。
ジルテックには安全性が高く副作用が少ないといったメリットがあり、市販薬としても販売されています。
抗ヒスタミン薬とは、その名の通りヒスタミンの働きを阻害する薬です。
ヒスタミンという体内物質がヒスタミン受容体であるH1受容体に結合すると、くしゃみや鼻水といった鼻炎の症状や皮膚に生じるかゆみといった症状が発生してしまいます。
抗ヒスタミン薬にはヒスタミンがH1受容体に結合するよりも早くにH1受容体をブロックすることで、こういった症状が起こるのを防ぐ作用があります。

抗ヒスタミン薬には2種類あり、販売が開始された年代によって第一世代と第二世代に分類することができます。
第一世代の抗ヒスタミン薬には、口の渇きや排尿障害といった副作用が出る場合が多くありました。
第二世代の抗ヒスタミン薬では、これらの副作用が大きく軽減されています。
ジルテックは、第二世代の抗ヒスタミン薬に分類されます。
また、ジルテックは、第二世代の抗ヒスタミン薬の中でも非常に優れた効果を持っていることで知られています。
そのためジルテックは、症状の緩和に効果を発揮します。

ジルテックには、医師の診断によって処方される処方薬と医師の処方箋を必要としない市販薬があります。
錠剤タイプのものやドライシロップもあります。
ドライシロップとは粉薬の一種で、そのまま飲むこともできますし、水に溶かして飲むこともできます。
ドライシロップには甘味がついているので、飲みやすいというメリットがあります。
錠剤タイプの薬は苦手だという人にも向いています。

ジルテックにしかないメリットとデメリット

ジルテックには、いくつかのメリットがあります。
まず、市販薬があることです。
ジルテックの市販薬は薬局やドラッグストアなどで手軽に購入することができます。
医療機関を受診して医師の処方を受ける必要がありません。
また、第二世代の抗ヒスタミン薬の中では、最も高い効果を得ることができるとされています。
ジルテックに含まれるセチリジン塩酸塩は、即効性があり持続性も高いとされている成分です。
1日に1回の内服で効果が持続します。
そのためジルテックは、1日に何度も服用する必要がありません。
飲み忘れることが少ないというメリットもあります。

ジルテックには錠剤タイプとドライシロップがあるので、錠剤タイプが苦手という人にも向いています。
その一方で、ジルテックにはデメリットもあります。
ジルテックは安全性は高いものの、第二世代の抗ヒスタミン薬の中では副作用が出やすいというデメリットがあります。
副作用の出方には個人差がありますが、眠気や口の渇き、便秘、下痢、頭痛といった副作用が出る場合があります。
ジルテックを服用すると、その中でも特に眠気の症状が出やすいとされています。
そのため車の運転をする必要がある場合や危険な場所に行く時などには、ジルテックを服用するのは望ましくありません。

また、アルコールとの相性も良くなく、アルコールを摂取することによってひどい眠気や倦怠感が生じることがあります。
そのため飲酒をする前には、服用を控える必要があります。
それからジルテックは、重度の腎機能障害を患っている場合には使用することができないとされています。
腎機能障害を患っている場合にジルテックを服用すると、一部の成分が排出されずに体内に残ってしまい、副作用が強く出てしまう危険があるからです。